白無垢を着る結婚式・神前式ってどんなお式?!


神前式と教会式。どちらを選べばいいの?

結婚式というと、なんとなくウエディングドレス姿をイメージする人が多いかもしれません。一方、白無垢や和装への憧れや人気も高いです。現代では、神前式の人気もあるものの、教会式が主流です。教会式と比べて、マイナーな神前式とはどのようなものなのでしょうか。結婚式は一生に一度の、女子にとっては特別なお式です。神前式がどのようなものなのかを知って、自分に合ったスタイルの結婚式を挙げてください!

神前式の起源・基礎知識

和装で行う神前式は一般的には神社で執り行われます。日本には古来から八百万の神がいるとされており、その神々に誓いをたてるのです。神事を行う神主が祝詞を奏上し、三々九度の杯を交わして玉串を捧げ、夫婦の契を結びます。また、家と家を繋ぐという意味合いもあり、親族同士の繋がりがより強くなります。現在のような神社で行う神前式は1900年の大正天皇のご成婚が最初で、その後は戦後になってから広まりました。それまでの神前式は、新郎の家に集まり、床の間の神様の前で誓いをたてるという形で行われていました。

神前式はどこでできる?

神前式は神社で行う人が半数以上です。それ以外では結婚式場やホテルの神殿で行われます。神前式は家族しか参列できないと思われがちですが、友人や知人が列席できる会場もあるので、事前に収容人数などを確認しておくといいでしょう。また、神前式は教会式と比べると、リーズナブルな場合がほとんどです。

神前式では何を着る?ヘアスタイルは?

和装への憧れから神前式を選ぶ人も多いと思います。新婦の和装は白無垢が多いものの、色打ち掛けや黒引き振袖を着ることもできます。ヘアスタイルは日本髪のかつらを被ったり、洋髪も人気があります。

初めて神前式がおこなわれたのは、明治33年、大正天皇が東京大神宮で挙げた結婚式です。新郎新婦が神社の神様の前で結婚を誓うという日本の古来の挙式方法です。